紫根で作る美容液

 

 

11月の1daylessonのアロマクラフトは

紫根のインフューズドオイルを使った美容液を作ります。

 

 

 

奇麗な赤紫色のオイルに

ホホバオイルとエッセンシャルオイルを入れるだけの

超簡単美容オイルです。

 

 

 

 

 

マカデミアナッツオイル

 

マカダミアナッツに含まれるパルミトオレイン酸は、

人の皮脂を構成する脂肪酸で、人間の体には20%ほど含まれています。

 

 

マカダミアナッツオイルは皮膚になじみやすく、吸収も良い油であるため、

「バニシングオイル(消えて見えなくなる油)」とも呼ばれています。

 

 

マカダミアナッツの油は非常に酸化しにくいという性質があることから、

化粧品の原料やマッサージオイルとしても用いられています。

 

 

 

 

 

ホホバオイル

 

ホホバオイルは、肌なじみがよく、保湿性が高く

サラサラしていて、肌への浸透力もあります。

 

また、ホホバオイルには

人体の皮膚に含まれワックスエステルが含まれているので、

 

肌に優しく、

敏感肌やアレルギーのある方でも安心して使えます。

 

 

 

 

 

 

紫根

 

紫根(しこん)とはムラサキ草の根のことです。

中国では古くから薬草として使われていました。

 

 

日本でも江戸時代の名医が紫根の粉末を配合して作った、

紫雲膏(しうんこう)があり、

 

 

湿疹、ニキビ、シラクモ、さらには火傷、ヒビ、アカギレ、痔などの

外用薬として幅広く応用されています。

 

 

近年、紫根の薬効主成分は6種の「シコニン誘導体」であることがわかり、

その抗菌作用、抗炎症作用、皮膚活性化作用、養毛促進作用が、

認められています。

 

 

 

 

容器はロールon式のもので携帯に便利です。

さらっとした使い心地で香りは

気持ちをリフレッシュしてくれます!

 

 

紫根浸出マカダミアナッツオイル
ホホバオイル

精油

 

 

 

 

関連記事 11月の1daylessonのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

*募集中講座*

11月の1daylesson

たまごの石けん
赤色の美容液

はじめての手作り石けん

 

 

 

 お問合せ お申込み

kurashilabo 立川でゆるり Naturallife
Workshop・PrivateLesson

 

  友だち追加数

   ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

広告