9月の1daylessonと立川南口街ゼミのお知らせ

b_simple_72_1s

9月のレッスンは2つ❤

1つめは、1daylesson「アボカド豆乳石けん」 

石けんを作って熟成するころには季節は秋。

夏の疲れたお肌をやさしいしっとりとした泡が包んでくれます。

 

赤ちゃんのお肌にもやさしいアボカドオイルはうすいグリーンの色をしています。

オレイン酸、リノール酸、各種ビタミンA、D、Eが含まれ肌の水分を保ち保護する効果があります。

 

化粧品の材料やマッサージオイルとしても使われています。

ベビー石けんに使われることが多いオイルです。

 

アロマクラフトは同じアボカドオイルを使ったアボカド軟膏を作ります。

精油はリンゴのようなあまい香りのするジャーマンカモミールをいれてフルーティに!

化粧水と混ぜて洗顔後の保湿に、ハンドクリームとしても使えます!

 

9月の 1day lesson 受付は8月1日から 

クービック予約システムから予約する

■ 内容:「アボカド豆乳石けん」
アロマクラフト「アボカド軟膏」

■ 日時
9月 8日(金) 14時より16時 定員2名~4名
9月29日(金) 14時より16時 定員2名~4名

■ 費用 :4000円
テキスト・材料・お茶とkatokumi特製手作りパンまたはお菓子付き
お持ち帰りせっけん 250gバッチ+アロマクラフト
終了後は皆さんでお茶の時間をお楽しみください。

■ 場所:立川市錦町2-6-24 Mi-ya(ミーヤ)
http://www.mi-ya-flower.com/

☆費用は当日現地にてお支払いください。

☆持ち物:エプロン、ゴーグル、ゴム手袋、持ち帰り用袋、保冷ランチバック
またはタオル、ハンドタオル、ウエス(古布)または新聞紙、筆記用具

☆駐車場はございません。 お近くのパーキングをご利用ください。

※「kurasilabo」の教室で作る石けん
苛性ソーダとオイルをブレンドするコールドプロセス製法です。 劇薬(苛性ソーダ)を使用するため、安全性を考えお子様連れのご受講はご遠慮いただいております。

※キャンセルについて
材料準備の都合上、なるべくお振替えをお願いしております。
2日前までのご連絡をお願いしております。 それ以降は講習費を頂戴いたします。

※原材料について
こちらの教室では主に化粧品用、食用グレードの厳選した材料を使用しております。 アレルギー、特にキク科、ナッツ類等アレルギーのある方は事前にお問い合わせ下さい。

 

 

 

2つめは、立川街ゼミ「アロマグリセリンソープ」

第5回立川南口街ゼミ・プロが教える商人カルチャー

グリセリンソープはお子様や石けんづくり初めての方でも簡単にできる手作り石けんです。

ハーブとアロマオイルを入れてアロマグリセリンソープを作ります。

色と香りはお好みで!

 

受付は8月21日からです!各日先着4名様まで!

クービック予約システムから予約する

■ 日時
9月15日(金)13時30分より15時 定員4名
9月22日(金)13時30分より15時 定員4名

■ 費用 :500円
テキスト・材料・お持ち帰りせっけん

■持ち物:エプロン、タオル、、メモ、筆記用具、石けんを入れる袋

■ 場所:立川市錦町2-6-24 Mi-ya(ミーヤ)
http://www.mi-ya-flower.com/

 

街ゼミのHPができました!「kurashilabo」はオレンジの❽です!
http://tachikawa-minami.com/semi.html

 

 

*募集中講座*

8月夏休み企画18日・23日再募集!

クービック予約システムから予約する

はじめての手作り石けん

クービック予約システムから予約する

 

 

お問合せ お申込み

kurashilabo 立川でゆるり Naturallife
Workshop・PrivateLesson
icon1-1thir8rnt6p icon-3 icon-4thxqc1y308 icon-6 %e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc
                    友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

9月の1daylesson試作!が…

b_simple_72_1s

9月の1daylessonは「アボカド豆乳石鹸」の予定です。

一昨日作ってみました。

表面は手作りのワイヤースタンプを押してみました!

微妙です💦

 

 

夏に石けんを作るとジェル化しやすくなります。

ジェル化すると…

普通は不透明になるのにジェル化するとジェル状になりなかなか固まらず半透明の石けんになります。

 

このジェル化は「過冷却」という現象で説明できるそうです。

ゆりくまさんの講座で勉強したもののうまく説明できないのでゆりくまさんのブログをご覧くださいませ。

とっても詳しく化学的に説明されています。

http://kumaguma-soap.blog.so-net.ne.jp/2008-11-25

 

というわけで私の石けんもちょっとジェル化したようです。

やわらかくて半透明な感じになりました。

下記まとめでみるようにこのレシピは脂肪酸が多いジェル化しやすいレシピでした(;^_^A

注意すればジェル化も防ぐことができたと思います。

反省!

 

作った石けんを冷蔵庫で冷やしました。

冷やす前の写真を撮るの忘れてしまったので2時間くらい冷やしたものを撮りました!

少し不透明な感じになってきました。

 

 

型出しした石けんはこちら!

 

 

 

ジェル化を防ぐ方法を簡単にまとめました。

ゆりくまさんの講座で学んだことやその他調べてたこと。

 

オイルの配合

オレイン酸、リノール酸等の不飽和脂肪酸が多いとジェル化しやすい傾向にあるので少ない配合で!

 

温度

内部の温度を上げすぎないために型入れ温度を低めにする。保温時は30度は下回らない。

 

水分量

水分が多いとジェル化(液晶化)しやすくなる傾向があるので少なめに。25~30%。

 

その他
石けん生地の温度が上がりやすいアルコール類、乳製品、糖質製品をオプション素材として使用しない。

 

 

 

8月の夏休み企画の申し込みは本日締め切りです!

「9月の1daylesson」募集始まります!(準備中)

受付は8月31日まで!         

 

YouTubeにぷるぷる石けんの動画をまとめました❤

YouTube ぷるぷる石けんライブラリ

 

 

お問合せ お申込み

kurashilabo 立川でゆるり Naturallife
Workshop・PrivateLesson
icon1-1thir8rnt6p icon-3 icon-4thxqc1y308 icon-6 %e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc
                    友だち追加数

ブログランキング・にほんブログ村へ